大阪ナンバー、なにわナンバーの名義変更(移転登録)

申請書のダウンロード

ナンバープレートが付いている車を、所有権を自分の名義に変更する手続きを「移転登録」と言います。 一般的には、「名義変更」と呼ばれています。
軽自動車の場合は「名義変更」と、そのまま言います。

登録車(普通自動車)の名義変更は、「運輸支局」で手続きを行います。
大阪ナンバーは、寝屋川市にある「大阪運輸支局」です。
なにわナンバーは、住之江区にある「なにわ自動車検査登録事務所」です。

軽自動車の名義変更は、「軽自動車検査協会」で手続きを行います。
大阪ナンバーは高槻市の「大阪主管事務所 高槻支所」です。
なにわナンバーは住之江区の「大阪主管事務所」で手続きを行います。


名義変更(移転登録)に必要な書類

報酬額は、こちらになります。
必要な資料を「ダウンロードのページ」からダウンロードすることができます。

普通車

  1. 旧所有者の委任状 & 新所有者の委任状
  2. 実印の押印が必要です。
    委任状の記入方法は委任状の記入方法をご覧ください。

  3. 自動車検査証
  4. コピーは不可のため、原本が必要です。 車検の有効期間が残っているもの。
    所有者の名前・住所が、旧所有者の印鑑証明の名前と住所が同じであること。

  5. 旧所有者の印鑑証明書 & 新所有者の印鑑証明書
  6. 発行日から3ヵ月以内のもの。

  7. 譲渡証明書
  8. 旧所有者の印鑑証明書と同じ実印が押されているもの。
    新所有者は押印しないでください。
    譲渡証明書の記入方法は譲渡証明書の記入方法をご覧ください。

  9. 自動車保管場所証明書
  10. 新所有者の車庫証明。発行日から1ヵ月以内のもの。

  11. OCRシート
  12. 当事務所で用意します。

  13. 税申告書
  14. 当事務所で用意します。

    ※ナンバーの管轄が変わる場合、運輸支局に車を持込み封印をしてもらう必要があります。当事務所では、運転代行及び出張封印には対応しておりませんので、ご了承ください。
    ※新所有者と新使用者が異なる場合は、新使用者の実印で押した委任状と、新使用者の住民票又は印鑑証明書が必要です。


軽自動車

軽自動車の場合、普通車の名義変更に比べて必要書類は少なく、実印も用意する必要がありません。

  1. 旧所有者の申請依頼書 & 新所有者の申請依頼書
  2. 認印の押印が必要です。
    申請依頼書の記入方法は申請依頼書の記入方法をご覧ください。

  3. 自動車検査証
  4. コピーは不可のため、原本が必要です。
    軽自動車は、車検の有効期間が過ぎていても名義変更できます。

  5. 新使用者の住所を証する書類
  6. 個人の場合は、住民票の写し(マイナンバーの記載が無いもの)又は印鑑証明書。
    法人の場合は、商業登記簿謄本又は登記事項証明書又は印鑑登録証明書。
    ※法人で上記書面が存在しない法人の場合は、公的機関が発行する事業証明書、営業証明書、課税証明書または電気・都市ガス・水道・固定電話料金領収書のいずれか1点
    コピーでも可能ですが、複数ページで交付された書面は、全ページ分必要です。
    発行されてから3か月以内のものが必要です。

  7. ナンバープレート2枚
  8. ナンバーの管轄が変わる場合。
    軽自動車には封印がありませんので、ご自身でドライバーを使用して取り外し、送って頂けます。

  9. OCRシート
  10. 当事務所で用意します。

  11. 税申告書
  12. 当事務所で用意します。

    ※新所有者と新使用者が異なる場合は、新使用者の実印で押した委任状と、新使用者の住民票又は印鑑証明書が必要です。


委任状の記入方法


自動車登録番号、又は車台番号は、車検証を見て記入します。
新使用者、旧所有者の署名、フリガナと実印で押印します。
委任状は1枚の用紙に記載しても、別々に分けて記載しても構いません。
日付欄に、記入した日を記入します。

委任状の記載例


譲渡証明書の記入方法


車名、型式、車台番号、原動機の型式は、車検証を見て記入します。
上段に譲渡人の氏名、住所を記入し、実印で押印します。
2段目に譲渡年月日を記載し、譲受人の氏名、住所を記入します。
譲受人の押印はしてはいけません。

譲渡証明書の記載例


申請依頼書の記入方法


車両番号、車台番号は、車検証を見て記入します。
新使用者、新所有者、旧所有者の署名と認印で押印します。
法人の場合は、代表者印が必要です。
そして、法人名、代表者の役職、氏名を記入して下さい。
最後に日付欄に、記入した日を記入します。

申請依頼書の記載例


名義変更当日の流れ

普通車

  1. 運輸支局で用紙の入手
  2. 必要用紙を入手し、必要事項の記入を行います。
    希望ナンバーを申請した場合は、「希望番号予約済証」の番号をここで記入します。
    ・申請書(第1号様式)
    ・手数料納付書
    ・自動車税・自動車取得税申告書

  3. 印紙の購入
  4. 印紙窓口で移転登録手数料分の印紙を購入します。
    印紙は、手数料納付書に貼り付けます。

  5. 窓口に提出
  6. 書類一式を窓口に提出します。
    新しい車検証が交付されるまで待ちます。

  7. 税金の申告
  8. 税事務所の窓口に、自動車税・自動車取得税申告書と車検証を提出します。
    自動車取得税が必要な場合は、納税を行います。
    ナンバーの変更が無い場合は、名義変更手続きは終了です。

  9. ナンバープレート返却
  10. ナンバー返却窓口に、ナンバープレートを返却します。

  11. ナンバープレート交付
  12. ナンバー交付窓口で、新しいナンバープレートを購入します。
    そしてナンバープレートを取り付けます。

  13. ナンバープレート封印
  14. ナンバープレートに封印してもらいます。
    名義変更手続きは終了です。


軽自動車

  1. 軽自動車検査協会で用紙の入手
  2. 必要用紙を入手し、必要事項の記入を行います。
    希望ナンバーを申請した場合は、「希望番号予約済証」の番号をここで記入します。
    ・申請書(軽第1号様式)
    ・軽自動車税・自動車取得税申告書

  3. 窓口に提出
  4. 書類一式を窓口に提出します。

  5. 税金の申告
  6. 税事務所の窓口に、軽自動車税・自動車取得税申告書を提出します。
    自動車取得税が必要な場合は、納税を行います。

  7. ナンバープレート返却
  8. ナンバー変更を伴う場合は、ナンバー返却窓口に、ナンバープレートを返却します。

  9. 車検証の交付
  10. 車検証の交付を受けます。
    ナンバー変更を伴わない場合は、名義変更手続きは終了です。

  11. ナンバープレート交付
  12. ナンバー交付窓口で、新しいナンバープレートを購入します。
    そしてナンバープレートを取り付けます。
    名義変更手続きは終了です。


※地域等により、流れが変わる場合あります。



ページのトップへ戻る