大阪ナンバー、なにわナンバーの廃車(抹消登録)

廃車手続き

廃車手続きには、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類があります。
一時抹消登録は、一時的に自動車の使用を中止する場合の廃車手続きです。
永久抹消登録は、スクラップにして2度と使わない場合の廃車手続きです。

普通自動車の廃車手続きは、「運輸支局」で手続きを行います。
大阪ナンバーは寝屋川市の「大阪運輸支局」で、なにわナンバーは住之江区の「なにわ自動車検査登録事務所」で手続きを行います。

軽自動車の廃車手続きは、「軽自動車検査協会」で手続きを行います。
大阪ナンバーは高槻市の「大阪主管事務所 高槻支所」で、なにわナンバーは住之江区の「大阪主管事務所」で手続きを行います。

抹消登録に必要な書類

報酬額は、こちらになります。
必要な資料を「ダウンロードのページ」からダウンロードすることができます。

普通車

  1. 自動車検査証
  2. コピーは不可のため、原本が必要です。

  3. 委任状
  4. 所有者の署名と実印で押印が必要です。
    委任状の記入方法は委任状(抹消登録)の記入方法をご覧ください。

  5. 所有者の印鑑証明書
  6. 発効日より3ヶ月以内のもの。

  7. ナンバープレート
  8. ナンバーを返納して、返納確認印を手数料納付書に受けます。

  9. 「解体にかかる移動報告番号」及び「解体報告日」のメモ書き
  10. 永久抹消登録の場合。
    リサイクル券に記載されており、「解体報告日」については解体業者へご確認ください。

  11. 重量税還付金を受領する金融機関情報等
  12. 永久抹消登録の場合。
    車検が1ヵ月以上残っている場合、 重量税の還付金を受領できます。
    後からの手続きはできません。
    ①振込先の金融機関名、支店名、口座番号、口座種類等
    ②代理人申請の場合は、代理人の印鑑
    ③還付金を所有者以外が受取る場合は、所有者が自署・押印し受取人を受任者とした委任状
    ④代理人の身元確認&所有者の番号確認
     代理人の運転免許証 + 所有者の個人番号カード(写)又は 通知カード(写)

  13. OCRシート
  14. 当事務所で用意します。

  15. 税申告書
  16. 当事務所で用意します。


軽自動車

  1. 自動車検査証
  2. コピーは不可のため、原本が必要です。

  3. 申請依頼書(様式2)
  4. 使用者と所有者が同じ場合は、記入方法を参考にしてください。
    申請依頼書(様式2)の記入方法は申請依頼書(様式2)の記入方法をご覧ください。

  5. 申請依頼書(様式4)
  6. 永久抹消登録は、何の書類も発行されません。
    手数料300円で、「検査記録事項等証明書」の発行手続きに使用できます。
    所有者の署名と押印が必要です
    申請依頼書(様式4)の記入方法は申請依頼書(様式4)の記入方法をご覧ください。

  7. ナンバープレート
  8. ナンバーを返納して、返納確認印を手数料納付書に受けます。

  9. 「解体にかかる移動報告番号」及び「解体報告日」のメモ書き
  10. 永久抹消登録の場合。
    リサイクル券に記載されており、「解体報告日」については解体業者へご確認ください。

  11. 重量税還付金を受領する金融機関情報等
  12. 永久抹消登録の場合。
    車検が1ヵ月以上残っている場合、 重量税の還付金を受領できます。
    後からの手続きはできません。
    ①振込先の金融機関名、支店名、口座番号、口座種類等
    ②代理人申請の場合は、代理人の印鑑
    ③還付金を所有者以外が受取る場合は、所有者が自署・押印し受取人を受任者とした委任状
    ④代理人の身元確認&所有者の番号確認
     代理人の運転免許証 + 所有者の個人番号カード(写)又は 通知カード(写)

  13. OCRシート
  14. 当事務所で用意します。

  15. 税申告書
  16. 当事務所で用意します。


委任状(抹消登録)の記入方法


普通車

自動車登録番号または車台番号を、車検証を見て記入します。
所有者の署名と実印で押印します。
法人の場合は、代表者印が必要です。
そして、法人名、代表者の役職、氏名を記入して下さい。
最後に日付欄に、記入した日を記入します。

一時抹消登録
一時抹消委任状の記載例

永久抹消登録
永久抹消委任状の記載例


軽自動車

車両番号、車台番号は、車検証を見て記入します。
使用者、所有者の署名と認印で押印します。
法人の場合は、代表者印が必要です。
そして、法人名、代表者の役職、氏名を記入して下さい。
最後に日付欄に、記入した日を記入します。

申請依頼書(様式2)の記入方法

申請依頼書(様式2)の記載例



申請依頼書(様式4)の記入方法

申請依頼書(様式4)の記載例


廃車時の車庫証明について

車を売却すると、新所有者が新たに車庫証明を申請するので、自動的に古い車庫証明は失効します。 廃車を行っても、車庫証明に特別な手続きが要りません。
同じ駐車場を新たに使用する場合、廃車にした自動車の登録番号又は車台番号が必要です。 この番号だけは忘れないように控えておく必要があります。

引っ越しで使用の本拠地が変わった場合、車庫証明を新たに取得することになります。 その時点で、古い車庫証明の情報は自動的に失効される仕組みになっています。
ただし、車庫証明が不要な地域への引っ越しの場合は、所轄の警察署へ問い合わせる必要があります。

車庫証明は車庫を確保することを証明するための申請です。
抹消や解除をする申請はありません。





当事務所の姉妹サイト

遺言・相続のご相談、お手続きはこちらです。
http://yumetas.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る